相談しやすい医師のいる医療機関をかかりつけにしよう

長期間にわたって休まなければならないときや、保険会社に保険金請求をする場合、診断書の提出を求められることがあります。
会社なら1週間続けて休むほどになると、診断書を提出しないといけないところが増えてきます。
保険会社も適正に保険金を支払う対象となるかどうか、診断書を元に判断しますので、診断書は患者にとって非常に重要です。
ただ、医師は診断書の書き方を正式に習ったことがなく、診察だけで忙しい上に診断書を求められるのは非常に手間がかかるのが実情です。
とはいえ、患者としては大事な書類ですし、医師にしか書いてもらうことができないため、医師が書きやすいように促す方法がいいかもしれません。
医師としても、どのようなことが知りたくて診断書を求めているかがわからないと書けませんので、どんなことを、どのように書いてほしいかを患者から誘導して書いてもらうことができると言えるでしょう。
そのためには、どんな相談でもできる親切な医師をかかりつけ医に持っていると安心です。